30代が最低限入っておくべき保険の賢い選び方!ケース別にプロが徹底解説
医療保険

30代が最低限入っておくべき保険の賢い選び方!ケース別にプロが徹底解説

執筆者:
橋本 優理
監修者:
三好 哲彦

30代はどんな保険に入っておくべき?」「賢い保険選びをするにはどうしたら良い?」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

30代は、結婚や住宅購入や子どもの誕生・進学など保険を検討するきっかけが多くなる年代です。

最低限どんな保険に入っておくべきか、保険の選び方を知りたいと思っている人も多いでしょう。

家族構成や経済状況によって用意しておくべき備えは異なりますが、最低限自分と家族が困らないように保障を選ぶ人が多いです。

本記事では、「30代が最低限入っておくべき保険はなにか」と悩んでいる人向けに、30代が知っておきたい保障の必要性と保険の賢い選び方について、保険のプロがライフステージ別に詳しく解説していきます。

この記事を読んでわかること

  • 30代はライフステージの変化に合わせて必要な保障を選ぶのがポイント

  • 病気やケガ、就業不能、将来への資産形成など、30代のうちから備えておくべきリスクがある

  • 子どもがいる家庭は、死亡保障や教育費への備えも大切

30代が保険に加入するべき理由

30代はライフステージの変化を迎えることが多い年代です。

結婚を機に保険の加入を検討したり、見直しをする人もいます。

また、30代であれば子どもがいる家庭も多いでしょう。

配偶者や子どもがいる場合、自分の死亡保障の必要性が高くなるだけでなく、病気やケガによる治療費が家計の負担にならないよう、あらかじめ準備しておくことも大切になります。

独身の場合でも、30代以降は病気のリスクが高まっていくため注意が必要です。

特に女性は、乳がんなどの女性特有のがんの罹患リスクが30代から高くなるといわれています。

男性も、生活習慣の乱れから高血圧や糖尿病などの生活習慣病に罹患する人もいます。

家族構成や経済状況によって必要な保障は異なりますが、自分に合った保険を早いうちから準備しておくことが大切です。

30代が保険で備えたいリスク

30代が保険で備えておきたいリスクはいくつかあります。

考えられるリスク別に、保険のプロが詳しく紹介していきます。

①死亡した際、生活費や教育費が不足するリスク

自分や配偶者が亡くなってしまったとき、のこされた家族のその後の生活費や子どもの教育費が不足してしまうリスクが考えられます。

特に、一家の大黒柱として家計を担っている人に万が一のことがあると、のこされた家族には経済的に大きな損失があるでしょう。

子どもがいる家庭であれば、国から遺族年金を受け取ることができますが、それだけで生活費と教育費すべてをまかなうことは難しいといえます。

また、家事や育児を担ってくれていた人が亡くなってしまった場合、のこされた家族が仕事に加えて家のこともすべて負担しなければならなくなります。

夫婦ともに万が一に対する備えを検討しておくのが良いでしょう。

参考)必要な生活費と教育資金

2022年の総務省「家計調査年報」によると、2人以上の世帯の平均消費支出は29万865円となっています。

これは平均世帯人員が2.91人の場合の統計のため、子どもの人数や持ち家かどうかなどによって費用は多少異なります。

まずは、自分たちの生活費が月いくらかかっているのかを明確にするのが良いでしょう。

教育にかかる費用は、子ども1人あたり幼稚園~高等学校まですべて公立に進学したとして平均約150万円程度かかります。

さらに、大学にかかる費用は平均で約677万円というデータがあります。

進路によって必要な費用は変わりますが、子どもの望む進路をかなえるためにも、ある程度の費用を用意しておきたいところです。

②病気やケガで治療費が準備できないリスク

病気やケガをしてしまう可能性は誰にでもあります。

病気やケガのときに、治療費が支払えなかったり、治療費が家計に大きな影響を与えてしまう状況は避けたいものです。

短期間の入院ですぐに病気が完治すれば大きな影響はないかもしれませんが、思わぬ病気で入院が長引いたり、リハビリやその後の治療が長引くケースもあります。

病気やケガへの備えを準備していなかった場合、治療費の負担に苦慮することも考えられます。

参考)30代の入院理由

入院理由として最も多いのが、統合失調症や認知症などの精神疾患です。

次いで高血圧や心疾患などの循環器系の疾患骨折などの損傷による入院が多い理由となっています。

30代はまだ若く、健康についても問題ないと自信を持っている人も多いかもしれません。

実際、30代の入院患者数は、人口10万人当たり503人とそこまで多い数字ではないかもしれませんが、一度病気になってしまうとその後の保険加入に影響を与えてしまいます。

将来のためにも備えを用意しておくのがおすすめです。

参考)入院時の自己負担費用の平均

実際に入院が必要になったときの自己負担額は、平均で19.8万円となっています。

この自己負担費用は、公的医療保険制度である高額療養費制度を利用したあとの自己負担額です。

治療費や食事代、差額ベッド代などの雑費も含まれています。

入院日数によって自己負担額は変わりますが、2週間以上の長い入院になると、平均費用よりも高い自己負担が必要になる可能性があるため注意が必要です。

参考)差額ベッド代

差額ベッド代とは、入院時に個室療養をするときに必要になる費用です。

1人部屋の場合にかかる費用は、1日あたり平均で8322円となっています。

差額ベッド代は公的医療保険制度の対象外となるため、費用は全額自己負担になります。

入院日数が長くなるほど負担額も大きくなっていくため、個室を希望する人は考慮しておきましょう。

参考)先進医療の技術料

先進医療とは、公的医療保険制度対象外の最先端の治療方法のことです。

治療にかかる技術料は全額自己負担となるため、高額な費用が必要になることもあります。

特に、陽子線治療や重粒子線治療などのがん治療に使われる先進医療の場合、1件あたり200万~300万円の費用がかかります。

日本は公的医療保険制度が充実していますが、保険対象外の費用が発生する可能性もあることを考慮に入れておくべきでしょう。

③働けなくなったときに収入が減るリスク

病気やケガで働けない期間があった場合、その期間は収入が減少してしまうことが考えられます。

有給休暇でカバーできる期間の療養で仕事復帰ができれば影響は少ないですが、中長期間の療養が必要になると給与にも影響を与えます。

また、自営業やフリーランスの人は有給休暇や公的保障がないため、よりリスクが高いといえます。

病気やケガをした際の治療費だけでなく、収入の減少についても考えておく必要があるでしょう。

参考)働けなくなったときの公的保障

会社員であれば、働けなくなってしまったときに公的保障の「傷病手当」を受け取ることができます。

傷病手当は、4日以上仕事に就くことができなかったときに受け取ることができ、支給額はおおよそ給与の3分の2です。

療養中に受け取れる大切な収入源ですが、それまでの給与の満額が保障されるわけではない点に注意しましょう。

また、受け取った傷病手当金から社会保険料などの税金を納める必要もあるため、実際に手元に残る金額はさらに少なくなります。

収入が減少することに加え、治療費の負担もしなければならないとなると、家計に大きな影響を与えてしまいます。

働けなくなることへの備えを検討するときは、公的保障で受け取れる額も踏まえて、不足分を保障で用意しておくのが良いでしょう。

④老後資金が足りないリスク

老後、公的年金だけでは生活費が不足することを懸念している人も多いでしょう。

実際に日本政府としても国民に「自助努力」を求めており、公的年金だけに頼るのではなく自分で資産形成をしておくことが重要になります。

30代のうちはまだ老後が先に感じられるかもしれませんが、将来必要な資金はすぐに貯められるものではありません。

若いうちから毎月コツコツ努力しておくことで、目標金額に達成しやすくなります。

なるべく早い段階で老後についても考えておきましょう。

参考)必要な老後資金

令和4年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況|厚生労働省年金局)
<引用:令和4年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況|厚生労働省年金局>

老後資金はいくらあれば安心できるでしょうか。

老後の夫婦2人の最低日常生活費平均は、月23.2万円です。

しかし、老後は趣味や旅行などにお金を使いたいと考えている人は多いのではないでしょうか。

ゆとりを持った生活には、夫婦2人で月平均37.9万円かかるとされています。

一方、受け取れる老齢年金の平均は厚生年金加入者で約14万3900円です。

夫婦ふたりとも厚生年金加入者の場合でも、ゆとりある生活をするためには赤字が発生します。

また、国民年金加入者の場合は厚生年金加入者よりさらに受給額が少なくなります。

まずは、自分たちがどれくらい年金を受け取ることができるか、生活費はどれくらい用意しておきたいかを踏まえて、将来のための資産形成に取り組みましょう。

保険広告画像

30代が最低限入っておくべき保険の種類

ここまで、30代のうちから備えておきたいリスクについて解説してきました。

ここからは、リスクをカバーするためにどんな保険を選んだら良いのか、保険のプロがご紹介していきます。

1.万が一死亡したときに備える保険

万が一のことがあったとき、家族のためにお金をのこしてあげられるのが「死亡保険」です。

死亡保険にはさまざまな種類があり、ニーズによってどんな商品が合うのかは異なります。

それぞれの特徴や、死亡保険を選ぶポイントを解説していきます。

定期保険

子どもが成人するまでの間や、自分の老後までの期間など、一定期間手厚く死亡保障を用意しておきたい場合には「定期保険」がおすすめです。

定期保険とは、期間を定めた死亡保障であり、保険料が掛け捨てになるタイプの保険のことです。

月々の保険料を抑えて比較的大きな保障を用意することができるのが特徴です。

自分が亡くなってしまったとき、家族にその後の生活費や教育資金をのこしたい人は定期保険で必要な保障をカバーしておくのが良いでしょう。

終身保険

ある一定期間ではなく、一生涯の死亡保障が必要と考える人には「終身保険」がおすすめです。

終身保険は、加入時から死亡保障が一生涯続くことが特徴の保険です。

定期保険とは異なり貯蓄性のある保険のため、保障が不要になり解約したいときには解約返戻金を受け取ることができます。

ただし、貯蓄性がある分、保険料は定期保険と比べて高くなります。

数千万円の大きな保障を持つためでなく、葬儀費用分をカバーする保険として利用する人が多いようです。

また、将来のための貯蓄も兼ねて終身保険を検討する人もいます。

生命(死亡)保険の人気ランキング

人気ランキングを見る

2.病気やケガに備える保険

病気やケガの治療にかかる費用をカバーする保険には、「医療保険」や「がん保険」などがあります。

それぞれの特徴や、選び方について解説していきます。

医療保険

医療保険とは、病気やケガで入院・手術をしたときの費用をカバーするための保険です。

入院の原因を問わず保障されるため、幅広くさまざまな病気やケガに備えておきたい人におすすめの保険です。

また、医療保険にはさまざまな特約を付加することができ、自分のニーズに合ったプランを作ることができます。

中でも、先進医療や特定の通院、短期入院に備える特約は人気です。

保障の基礎部分としてまず検討する人が多いのが医療保険といえるでしょう。

医療保険の人気ランキング

人気ランキングを見る

がん保険

がん保険とは、その名の通りがんに対しての備えを用意できる保険のことです。

がんと診断されたときに受け取れる一時金や薬剤治療を受けた月ごとの保障がメインです。

がんは生涯で2人に1人が罹患するといわれている、非常に身近な病気です。

また、完治が難しく、通院治療が長引いたり定期的な検査が必要になるのが特徴です。

医療保険は入院に備える保険のため、通院治療がメインのがんに対しては、別途がん保険を組み合わせて保障を用意しておくのがおすすめです。

がん保険の人気ランキング

人気ランキングを見る

3.働けなくなったときに備える保険

入院や手術をしてすぐに仕事復帰ができれば良いですが、なかには療養が長引いて長期間仕事を休まなければならなくなったケースもあります。

長期間働けなくなってしまったときのために、保険で備えておくと安心です。

就業不能保険

就業不能保険は、病気やケガで一定期間働けなくなってしまったときに、毎月給与のように給付金を受け取ることができる保険です。

傷病手当では給与の満額は保障されないため、会社員の場合は収入減少に備えて就業不能保険を検討しておくのが良いでしょう。

また、自営業やフリーランスの場合は公的保障がないため、より保障の必要性が高くなります。

現状に合わせて、必要な保障額を選びましょう。

就業不能保険では、保険会社ごとに保障範囲が異なります。

また、免責期間が定められているものが一般的です。

保険を選ぶときには、どんなときに給付金を受け取ることができるのか、条件を確認しておきましょう。

就業不能保険の人気ランキング

人気ランキングを見る

4.老後に備える保険

老後に受け取れる公的年金だけでは生活費をまかなうことができないことも、私たちが抱えているリスクのひとつです。

保険を活用して計画的に資産形成をしておくことで、老後のリスクに備えることができます。

老後に備えられる保険について、選び方のポイントも踏まえてご紹介します。

個人年金保険(定額・変額)

個人年金保険は、老後に向けて貯蓄ができる保険商品です。

毎月の保険料を積み立てることで、60歳や65歳などあらかじめ定めておいた年齢から、年金形式でお金を受け取ることができます。

公的年金を受け取る年齢から、不足分を補うような形で給付金を受け取れるのが個人年金保険の特徴です。

また、個人年金保険は積み立てたお金の運用方法によりいくつかの種類に分けられます。

定額個人年金保険は、日本の債券や外国の債券で資産運用していくタイプのものです。

外貨建てのものは為替リスクがありますが、円建てと比較したときに積立利率が高い傾向にあります。

対して変額個人年金保険は、投資信託などを利用して資産を運用していくタイプのものです。

投資性が高いため資産が変動するリスクもあります。

商品性を理解したうえで自分に合ったものを選びましょう。

保険の選び方とおすすめの保険【ケース別】

保険は自分に合ったものを選ぶのが大切ですが、人それぞれ状況によって最適な保険は異なります。

30代におすすめの保険と選び方を、家族構成やケース別にご紹介します。

独身のケース

独身であれば、主に病気になってしまったり働けなくなってしまったときなど、自分が経済的に困る状況に対して備えておくのが良いでしょう。

男女別に保険の選び方について解説していきます。

男性の場合

男性は、30代頃から生活習慣の乱れによる体の不調が現れやすくなるといわれています。

特に一人暮らしの場合は、なかなか健康に配慮した生活を送るのは難しい人もいるでしょう。

そのため、独身男性であればまずは医療保険で保障の基礎を作った上で、不安な病気に手厚く備えられる特定疾病保険を検討するのもおすすめです。

また、独身であれば自分が働けなくなってしまうと、家計に直接影響を与えます。

就業不能保険で収入の減少に備えておくのが良いでしょう。

加えて、将来に向けての貯蓄ができる保険で、今のうちに資産形成を進めておくのがおすすめです。

いざというときに経済的に困らないように保障を用意したうえで、計画的に貯蓄していきましょう。

医療保険の人気ランキング

人気ランキングを見る

女性の場合

女性は、30代から女性疾病のリスクが高まっていきます。

特に乳がんなどの女性特有のがんには注意が必要です。

医療保険に女性疾病に手厚く備えられる特約を付加したり、がん保険で女性特有のがんに備えておくのがおすすめです。

女性特有の疾病に備える保険は、検査で異常が見つかった段階では加入できないことがほとんどです。

健康なうちに検討をしておきましょう。

また、就業不能保険で働けなくなることへの備えもしておくと、より安心できるでしょう。

将来に向けての貯蓄を保険で準備することもおすすめですが、病気やケガで経済的な負担が増え、貯蓄ができなくなってしまうリスクもあります。

いざというときの保障を用意したうえで、計画的に貯蓄に取り組んでいくのがおすすめです。

女性医療保険の人気ランキング

人気ランキングを見る

既婚者のケース

既婚者であれば、配偶者や子どもを経済的に守るための保障が必要になってきます。